会計・税務

起業から東証一部上場まで、圧倒的な実績と豊富なサービス形態で、企業の成長過程をサポートします。
成長意欲の強い経営者の参謀として関わります。

個人確定申告

確定申告とは、個人の方が1月1日から12月31日まで1年間の所得を計算して、翌年の2月16日から3月15日までに申告と納税を行うことで、以下の方は毎年必要になります。
■ 個人で事業を行っている方
■ アパート、駐車場の賃貸経営を行なっている方
■ 2ヵ所以上の勤務先から給与をもらっている方
サラリーマンの方は勤務先で年末調整を行いますので、基本的に確定申告を行う必要はありません。
しかし、毎年確定申告が必要な方も、そうでない方もこんな取引をしていませんか?

◆ 上場株式等の取引で損を出してしまった方
◆ 住宅の売却を行った方
◆ 住宅を売却して、ローン残債が残ってしまった方
◆ FX取引をしている方
◆ 給料の他に副業を行っている方

個人事業や不動産の賃貸だけでなく、個人的に売却した株式や不動産等、もうけが出ていればありとあらゆるものが課税されることになります。
特に株式や不動産の売買に関する申告は、専門的な知識がないと間違った処理をしてしまったり、逆に損をしてしまう可能性がございます。
何か特別な取引があった場合には、まずは弊社にご相談をして頂きたいと思います。

こんな方は是非、弊社にご相談ください!

・納税額の連絡をもらえるのが納付期限ギリギリで、資金の手当てに困っている
・会計事務所が年に一度、確定申告の時期にしか、対応してくれない
・連絡は納税額の計算が終わった時のみ、節税対策の提案が全くない
・今年に住宅を売却すべきか、来年にすべきか、アドバイスがほしい
・将来の資産形成と納税についてシミュレーションをして欲しい

日本クレアス税理士法人では事前審理制度を導入しています。

現在税理士に確定申告の作成を依頼しているが、毎年納税金額の連絡をもらえるのが納付期限ギリギリで、資金の手当てに困っていませんか。
弊社では事前審理制度というものを導入しており、事前に今年の所得の状況をお伺いし、年内中に概算納税金額をご案内しております。

事前審理のイメージ
実績件数:2014年個人確定申告件数 1,100件