晩成の道。
自分ならではの視点から、組織を考えるポジションを担う。

私が税理士を志したのは、30代に差し掛かる頃でした。それまでは事業会社で営業職として働いていたのですが、営業をする中で税理士という職種を知り興味を持つようになり、転職を決意致しました。若いうちから「この業界に入りたい」と強い意志をもって税理士を目指す方が多い中、私のようなタイプは珍しいと思います。
個人の会計事務所に転職をし、中小企業や個人のお客様の案件を数多く担当してきましたが、次第に「大規模法人の税務を経験したい」「新たなフィールドで自分の力を試してみたい」という思いが強くなっていきました。その時に出会ったのがCAでした。

得る知識は、広く深い。
それを伝えるには、より学ばねばならない。

CAに入社した当初は、自分の知識のなさや不慣れを痛感することが多く、焦りを感じながら勉強に励みました。現在、入社して2年半あまりになりますが、以前よりも格段に実力が付いたと自負しております。
また、CAが定期的に開催するセミナーの講師を任されたことも自信につながっています。単にレジュメを読み上げるのなら簡単ですが、それではお客様の心に響かず、結果として貴重な時間を無駄にさせてしまうことになります。税務の専門家でないお客様にこそ理解していただけるよう、分かり易い説明を心掛け、試行錯誤を繰り返したことで、自分の理解度も高まり、自身も研鑽されたと思います。
CAで働く中で感じたのは、お客様により、話す内容はもちろん、求めている要件や考え方がまったく異なるということです。個人事業主・中小企業のお客様から上場企業のお客様まで、幅広いお客様と接し、その都度勉強しながら真摯に向き合うことで、自ずと幅広い知識と対応力を得ることができるという魅力もCAにはあると思います。
現在は執行役員として、お客様の税務顧問から、スタッフのアサイン管理・フォローアップなど、会社全体の運営・マネジメント業務等、幅広く受け持っております。これまでに培ってきたノウハウや知識を活用し、CAというブランドに磨きをかけています。
社内マネジメントに関しては、コミュニケーションを特に重要視しております。CAの方針でもありますが、企業を作るのは「人財」。スタッフの成長とCAの成長はイコールですので、管理職の責務としてこのポイントは外せません。スタッフ一人ひとりの特性や適性を見出し、成長させるべく、常に意識して行動しております。