礼儀正しい挨拶。
当たり前のことが当たり前にできることの大切さ。

会計事務所で勤務するのは当法人が初めてです。前職では総合保険代理店で営業の仕事をしていました。その際、担当する法人の会計書類に触れる機会が多かったため、簿記の勉強を始めました。
元々数字を扱うことは好きでしたが、勉強を進めるうちに、次第に会計や税務の分野に興味が移っていったことがこの業界を志望したきっかけです。経験のない自分にとっては難しい業界でしたが、「未経験者でも受け入れ可能」という当法人の存在を知り、すぐに応募しました。
面接で当法人を訪問した際、皆さんが「いらっしゃいませ」、帰る時には「ありがとうございました」と挨拶をしてくれたことが印象に残っています。挨拶をするのは至極当然ですが、当たり前のことを当たり前にできることが素晴らしいと感じました。また営業畑出身であるからこそ余計に、当法人のお客様に対する意識の高さを感じ、かつスタッフ全員にその想いが浸透していることに驚いたのです。

入社後はこれまでの経験を活かしつつ、業界について学ぶため、営業部門へ配属になりました。業界の動向、顧客のニーズ、サービスメニューなど様々な角度から当法人について理解を深めていく必要がありました。常に「お客様に届けられる当法人の価値とは何か」を考えながら営業活動を行っていました。
もちろん「価値」の基準はお客様によって違いますので、当社に「価値」を感じていただけるかどうかはお客様によっても、その時々の状況によっても変化します。結局はお客様の声にひとつひとつ応えていくことが大切なのだ、ということをこの時期に学びました。
入社半年が過ぎた頃、入社前から希望していた税務・会計部門へ異動することになりました。当時、部門異動は珍しかったかもしれませんが、未経験者の私にも経験が積めるようなキャリアプランを用意してもらえたことについて本当に嬉しく思っています。運がよかったのかもしれませんが、自ら踏み出す勇気と情熱さえあれば、それに応えてくれるのが当法人の特徴なのだと思います。今後も組織が拡大していけば、部門間の異動も増えていくのではないでしょうか。

勉強ではなく、実践を積み重ねることで、
成長のスピードが加速する。

医療部門へ配属後は、先輩のサポート業務からスタートしましたが、比較的早い段階でお客様担当を任せていただくようになりました。営業部門での経験が活きているように感じます。現在は主に、歯科医院やクリニックの税務顧問や会計業務に関わっています。
医療部門のお客様を担当するということは、税務や会計の知識はもちろんのこと、医療系の専門的な知識が必要になります。医療情報にも精通していなければなりませんし、情報や知識だけでなく、それを裏打ちする経験も必要とします。今も勉強の毎日ではありますが、机に向かうだけの“勉強”ではなく“実践”に力を入れている分、必要な知識が身につく速度も非常に速いと感じています。
未経験からスタートの私でも信頼してお客様を任せてもらえたことで、失敗と成功を積み重ねることで活きたスキルが身につく成長のサイクルのようなものを経験させてもらえました。
もちろんお客様には迷惑をかけられませんので、先輩スタッフや部門全体のバックアップ無しではあり得ないことだと思っています。医療部門には、医院をとりまく環境や医療法、行政手続に精通し、業界特有の課題に長年向き合ってきた経験のある先輩がいます。先輩の背中を追いかける日々ですが、自分も知識と経験を積み、いずれはお客様にとって最も身近にいるようなよき相談者になれたらと思っています。責任も大きいだけに、ぶつかった壁を乗り越えた時は何にも代えられないやりがいを感じます。