有資格者の凄さを痛感。
実務は大事だが、座学も必要である。

税務や会計の世界でもっと知識を深めていきたいと思い、当税理士法人へ入社しました。大手の税理士法人の面接も受けましたが、資格がない私に用意されたのは補助スタッフのポスト。数年後も成長していないであろう自分の姿が想像でき、知名度はあるものの、魅力的に思えませんでした。より規模の大きな案件を担当し、経験を積んでいきたかった私は、そのチャンスがある企業、また面接で「資格については気にしなくていい、やる気があれば道もある」と言って私を必要としてくれたベンチャー企業を選びました。

資格は関係ないということでしたが、入社後は、資格を持っている方や現役で勉強している方の凄さを目の当たりにしています。例えば数字を見たときパッと気付く能力。これはもともと本人が持っている数字のセンスなのかもしれませんが、自分にはない感覚であり、実務も大事であるが、座学も必要だと思わせてくれました。

また当法人では、複数の上司と関わることができるのも特徴的です。一般的に上司は1人であることの方が多いと思いますが、案件によって上司が異なり、自分よりも格段に、知識と経験値の高い上司と一緒に仕事をしますので、日々新しい知識に触れ、スキルアップに繋がっています。上司と仕事をし始めてから、これまで私は井の中の蛙だったと愕然としました。想像以上に会計や税務の世界は広く、面白いと感じています。

当法人と付き合っていきたいと思っていただけるように。
営業の視点で見つめなおすアウトソーシング部門。

現在は、主にお客様の月次業務を担当しています。入社前に伺っていたように、経験したことのない難しい申告業務にも関わらせていただいています。できる案件はまだ少ないのですが、やりたいと手を挙げれば応えてくれます。今は早く業務を任せてもらえるように、任された業務に励んでいます。
月次業務の他、私は経理のアウトソーシング業務も担当しています。当社が力を入れているメニューのひとつですが、お客様である上場企業やその子会社へ訪問し、経理処理を行う仕事です。例えば売上データの帳簿への取り込みや、請求書から支払システムへのデータ登録業務など、お客様によってご要望は様々です。

これまでは会計事務所で勤務していましたので、お客様から提出された数字しか見ておらず、一般企業での経理業務は初めてでした。実際にやってみると、大企業の経理の方の苦しみが分かるようになりました。ある意味、経理業務をなめていたと思い知らされました。

これまでは会計事務所でも小規模なお客様を担当していましたので、サービス部門の方と経理担当者が同一人物であったり、社長様が経理を兼任されていたりということが多かったのですが、大企業は営業部、経理部等部門に分かれており、数字が出来上がるまでに、部門間でのやりとりがあり、お客様ごとに決まったフローやルールに基づき処理されているというのを、経験して初めて知ることとなりました。
当法人が経理のどの部分を担っているのだと理解できるようになると、お客様へもっとこうならないかとお伺いして話し合いができ、業務フローの改善などをご提案できる機会も出てきて面白いと思っています。課題があるところに商機はありますので、それが当社のメニュー拡大につながればと考えています。
もちろんお客様はそれぞれ、現在のフローで運用している理由がありますので、改善できるのはベターかもしれませんが、それができない場合も自分には勉強になっています。

またアウトソーシング部門は実際にお客様先で業務を行いますので、お客様との距離が近いのも特徴的です。お客様とコミュニケーションをとりながら進めますので、営業をしているようなもの。自分の人となりが当法人のイメージに直結しますので、お客様との関係性を大切に考えています。
まだ出来ない事も多く、失敗もありますが、ただ作業するというのではなく、学ぶ姿勢を持ちながら仕事を進めていきたいと思っています。

当法人では重要な役割を担っている部門ですので、アウトソーシング部門に今後もノウハウが蓄積されていけば当法人の武器になると思っています。

このように当法人には税務以外にも、色々な業務がありますので、会計事務所出身者だけではなく、色々なバックボーンを持つ方に入社してほしいですね。またそのような方を受け入れることのできる会社であってほしいとも思っています。
人生の多くの時間を働く時間に費やすわけですから、せっかく働くなら、楽しく充実した時間を過ごしたいと思います。そんなふうに思える方と仕事がしたいですね。