まだまだ新しい発見がある。成長を実感できる。

前職までは、人事アウトソーシングの会社で、給与計算や社会保険に関する業務に携わり、個人の社会保険労務士事務所に転職してからも、同じく社会保険に関わる業務を行っていました。 今まで労務の分野でたくさんの経験を積んできましたが、現在CAで行っているような給与計算の実務経験はあまりなく、社会保険と労務相談に特化した業務がほとんどでした。お客様から様々な相談を受ける中で、より幅広く経験を積みたいと思うようになり、転職を決意しました。 実際に入社すると、給与計算を最初から最後まで一人で担当するのは初めてだったので、前職では気付かなかった新しい発見や、それぞれの業務のつながりが見えてきました。

CAの社労士法人では、チーム制でお客様の担当をしています。実務担当者と、内容のチェックをする担当者(チェッカー)がつきます。また、全社的に行っていることですが、社員一人一人にフォローアップ担当がつくので、業務だけでなく困ったことがあると相談できる体制が整っています。 最近では、自分がフォローアップ担当を任されることになり、他の方の業務を見る機会が増え、大変勉強になっています。自分の担当のお客様以外のことも知る機会があるので、さまざまな会社のことを知るきっかけにもなり、自分の業務にも生かせることがたくさんあります。

中村代表が掲げている、士業=サービス業という点に非常に共感しています。人事労務の分野はただサービスを提供するだけではなく、どれだけお客様に良かったと思っていただけるか、どれだけ満足していただけるかということが最も重要だと思っています。そのために、任されたことに責任を持つこと、幅広い視野で見てプラスアルファの提案をすることを心がけています。サービスには限界がなく、お客様に良いものを提供しようとするほど時間がかかってしまうというジレンマもあります。より早く、より質の良いサービスを提供することが今後の課題です。 また、社会保険労務士の資格をもって働くからには、お客様からの質問に幅広く答えられたり、社外向けの研修を行ったり、お客様の役に立つようなことをどんどん行っていきたいと思っています。

圧倒的なスピードでレベルアップする組織で働ける楽しさ

CAの良いところは二つあります。一つ目はプロフェッショナルとしての意識の高さ。入社したばかりのころ、職場が非常に静かで、みなさん一人一人が本当に集中して業務に取り組んでいる姿が印象的でした。オンとオフのメリハリがはっきりしているので働きやすいです。二つ目は、何か起こった時の組織としての迅速な対応力。何かイレギュラーな事態が起こっても、上司を中心にして話し合い、次々と対応方法が決まり物事が進んでいくので、そのスピード感には入社当初、非常に驚きました。また、以前に社労士法人全社員で、それぞれが普段感じている課題を出し合うというテーマでミーティングを行いました。それぞれが「こうしたい、こうだったらいいのに」などアイデアベースで議論は出発しましたが、それらの内容を翌週には具体化し、実際の行動につなげていきました。まさに鉄は熱いうちに打てという感じで、スピード感をもって改善を繰り返していくことで組織としてのレベルアップにつながるのだと感じています。こういったスピード感は今まで感じたことがなかったので、本当に良いところだと思います。

比較的長く社会人生活を送っていますが、CAのスピード感やプロフェッショナル意識の高さには本当に驚きましたし、非常に良い風土であると思っています。仕事を通じて自分を成長させたい人にとってはぴったりの環境です。また、お客様を大切にするのはもちろんですが、社員も大切にしてくれる会社なので、お客様へのサービスに全力を尽くしたい方は、ぜひ一緒に働きましょう。