「プラットフォーム」という言葉が普及してから10年くらい経つでしょうか。
これからの時代、企業は「プラットフォーム」的な存在にならないと生き残れないのではないか、という話を本日はしたいと思います。

元来コンピューター用語であったこの言葉は、現在では、かなり比喩的表現として使われています。
例えば、楽天のようなECサイトに始まり、ショッピングモール、都市、国家、企業などもある意味プラットフォームだと言えます。
このプラットフォームの価値は何で決まるか?というと、それは「数」で決まるのではないかと思います。

詳しくはPDFをご覧ください。