会社売却というのは、大変なことだと思います。オーナー社長は、創業者利益の確保も念頭にありますが、
会社の将来性や継続性等、社員のためを思ってM&Aを決断します。

 

①「タイミングが重要」
M&Aは、タイミングが重要です。売上がピークに達する少し前、または、創業者が「惜しいなぁ」と
感じるくらいの時期のご相談ですと、上手く合意に至るケースが多いようです。

②「優先順位をつける」
中小企業は、あれもこれも要求しがちです。社名を優先するのか、雇用を優先するのか等、優先順位を
明確にして交渉に臨むことをお勧めします。

詳しくはPDFをご覧ください。