「値決めは経営」

これは京セラ創業者である稲盛さんの言葉です。
その解説を稲盛さんのオフィシャルサイトから引用します。

「経営の死命を制するのは値決めです。
値決めにあたっては、利幅を少なくして大量に売るのか、
それとも少量であっても利幅を多く取るのか、
その価格設定は無段階でいくらでもあるといえます。

どれほどの利幅を取ったときにどれだけの量が売れるのか、
またどれだけの利益が出るのかということを予測するのは非常に難しいことですが、
自分の製品の価値を正確に認識したうえで、量と利幅との積が極大値になる一点を求めることです。」

詳しくはPDFをご覧ください。