今回は、企業が「自分たちの強み」をしっかり認識しておくことの重要性についてお話しします。

スターバックス、と聞くとどんなイメージを皆さんお持ちでしょうか?

「心からくつろげる第3の場所を提供する」

というのが創業者ハワード・シュルツ氏の起業時の理念でした。

 

そんなスターバックスに業績悪化という形で危機が訪れたのが2007年。

当時、すでのCEOを退任していたハワード・シュルツ氏が2008年に復帰し、業績不振の原因を発見していきます。

 

不振の原因は「自分たちの強み」を忘れてしまったことにありました。

それが分かるエピソードを2つご紹介します。

 

詳しくはPDFをご覧ください。