「失敗を恐れず挑戦しよう」と社員に説く経営者は多い。

確かに、失敗の中に成功が宿ることを考えれば、企業が大きく飛躍するには数多くの失敗が必要であり、その前提として挑戦が必要でしょう。

しかし、現実はどうでしょうか?本当に社員は失敗を恐れずに挑戦しているでしょうか?逆に「うちの社員は挑戦しない」と嘆く経営者が多いように感じます。

挑戦しない理由をチャレンジスピリッツのある社員が少ない、と表現すればそれまでですが、挑戦を増やすにはどうすればいいのでしょうか?

それは恐らく「挑戦を評価する仕組みが整っていない」、「どの程度の失敗なら許されるのか?基準が明確ではない」など

インフラ面の未整備も原因の1つと思われます。

今日は、「失敗をマネジメントする」について考えてみます。

 

詳しくはPDFをご覧ください。