無印良品を展開する良品計画。

赤字から脱却し、V字回復を成し遂げた決め手は、全ての業務について業務の定義と目的を文章化し、ありとあらゆる仕事の進め方を詳細に定めた「2,000ページの店舗マニュアル」と「6,000ページの業務基準書(本部の業務マニュアル)」をベースにした「仕組み作り」にあるようです。

「仕組み作り」により徹底的に見える化を図ったことが業績好調の全ての土台になっているようです。

詳しくはPDFをご覧ください。