最近、経営者のお会いすると、皆さん口を揃えて「課題は人材です」と話します。

この「人材」には採用と教育があるわけですが、まず通常は採用に力を入れます。

しかし今は人手不足であり、競争がとても激しいです(当分の間続きそうですね)。
では、教育に力を入れる、ということになりますが、教育は成果が出るまでに時間がかかります。

「それでは、どうすればいいのか?」という嘆きの声が聞こえてきそうですね。

まず、この人で不測の時代、経営者が人材(人財とも書きますね)について考えるのは、現在、在職している自社の社員が力を出せているのか?ということでしょう。

 

詳しくはPDFをご覧ください。