2015.05.01

経営メモ「本当に必要なものは何か?」( Vol.27)


電子メール、SNS、ツイッター、新聞など現代は情報にあふれています。どうしても「何か考える」よりも、「何かが目に入ってくる」という環境になりがちなのが私たちの日常です。しかし、物事は本質が重要であり、情報に流されているとその本質を見失いがちになる、と思うことがしばしばあります。

先日、飛行機の中であっという間に読んでしまった本があります。「エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする」(かんき出版 グレッグ・マキューン著)です。最初は単に要領よく物事をやり効率的に仕事を数多くこなせ、というノウハウに関する本なのかなぁとおもいましたがそうではありませんでした。

本質だけに絞り込む「エッセンシャル思考」

人生(少し大げさですが)を「本質」だけに絞り込むべきである。99%の無駄を捨て1%に集中する「エッセンシャル思考」で生きることで後悔なく生きることができる。「本当に重要なのは何か?」を常に問いかけそれ以外のことは全部捨てる

エッセンシャル思考の考え方・行動・結果

考え方…より少なく、しかしよりよく
・これをやろう
・大事なことは少ない
・何を捨てるべきか?

行動…やることを計画的に減らす
・本当に重要なことを見定める
・大事なこと以外は断る
・あらかじめ障害を取り除いておく

結果…充実感
・質の高い仕事ができる
・コントロールしている
・正しいことをやっている
・毎日を楽しんでいる

”非”エッセンシャル思考の考え方・行動・結果

考え方…みんな・すべて
・やらなくては
・どれも大事だ
・全部こなす方法は?

行動…やることをでたらめに増やす
・差し迫ったものからやる
・反射的に「やります」と言う
・期限が迫ると根性でがんばる

結果…無力感
・何もかも中途半端
・ふりまわされている
・何かがおかしい
・疲れ切っている

時間とエネルギーをどこに集約すべきか、どの問題が重要であり、かつ本質的であるのか。自ら問いかける習慣を身につけたいものです。「優秀な人ほど非エッセンシャル思考に陥りやすい」と書かれていましたので、皆さん気を付けてください!

 

> 日本クレアス税理士法人 サイトTOPに戻る <