2020.05.07

世界に拡大「TikTok」の次の一手(Vol.477)/リモートワーク環境での決算業務


コロナ禍により緊急事態宣言が発令され、自宅PCの前や、手元のスマートフォンを凝視して最新情報に思いを巡らす時間が増えています。

外出自粛で消費行動が閉塞的になり「リテール・アポカリプス」なる小売業の倒産危機も叫ばれている今、積極的に世界展開を拡大している企業が動画投稿アプリ「TikTok」を運営する中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)です。

今回の【ビジネスEYE】では、アジアや欧州で買収を重ねるほか、ネット銀行にも触手を伸ばしているバイトダンスが狙う今後の展開に迫ってみましょう。

(参考:日本経済新聞/2020年3月27日)

 

世界で種まく「TikTok」

「TikTok」は2017年に日本に上陸し、15秒ほどの短いダンス動画などを流すSNSとして若者に支持されてきました。この2月にはアプリのダウンロード数でゲームを除いた世界首位になるなど、世界中で順調に利用者を増やしています。

もともとバイトダンスの事業は、中国国内向けのニュースアプリが主力でしたが、2016年にヨーロッパで人気を集めた動画投稿アプリ「Musicl.ly(ミュージカリー)」を模倣し、現在のTikTokにつながるサービスを開始しています。

2017年にはミュージカリーを約10憶ドル(1100億円)で買収。中国が誇るユニコーン(時価総額1000億円を超える非上場企業)の名を手にしました。

TikTokの利用者は、ミュージカリーが抱えていた欧州を始め、日本や東南アジアでも広がり、全世界で5億人を超えています。30か国以上に230のオフィスを展開し、外国人従業員比率を21年までに50%に引き上げる計画を持つバイトダンスが次に力を入れるのが海外事業です。

■狙うは「2匹目のどじょう」

インターネット業界において、マネタイズ成功のカギは、広告・Eコマース・ゲームに集約されると言われます。いずれもバイトダンスが課題を抱える分野です。

米中摩擦やコロナ禍による経済減速でTikTokにおける広告は頭打ち、自社開発のEコマースでは中国版のAmazonとも言われる「アリババ」の後塵を拝し、ゲームでは売上高世界一を誇る「テンセント」に迫るような人気タイトルを開発できていないなど、今後も試行錯誤が続きそうな様相を呈しています。

そんな試行錯誤の光明となりそうなのが、海外展開だというわけです。

バイトダンスは現在、TikTokに続く「2匹目のどじょう」を狙うべくインドやインドネシアでニュースアプリの企業などに出資しているほか、1月にシンガポールでネット専業銀行の免許を申請したことが明らかになっています。

TikTokで獲得した大量のユーザーに金融やネットメディアなどの幅広いサービスを提供し、会社の収益につなげることでさらなる成長を目指しているわけです。

******************************

コロナ不況の足音が聞こえてくる今、インターネット、デジタル分野は確実に重要性を増してきています。

これまでにも問題を解決するために数々のデジタル変革が成されてきましたが、今以上にそれが必要なときはないでしょう。

バイトダンスの多様なM&Aをきっかけに、さらに変革が進むのだとしたら…
経営者として目が離せないと言わざるを得ませんね。

 

━<INFORMATION>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リモートワーク環境での決算業務(コロナ禍に伴う3月期決算の動向とポイント)

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言を受け、各上場企業は過去に例のない期末決算実務に直面しています。

金融庁からは「従業員や監査業務に従事する者の安全確保に十分な配慮を行いながら、例年とは異なるスケジュールも想定して、決算及び監査の業務を遂行していく」よう要請がされている状況にあります。

2020年3月期の決算発表延期を表明した上場企業の多くは、在宅勤務、交代勤務や時差出勤対応による決算の遅れを理由の一つとして挙げています。そこで、【リモートワーク環境下において具体的にどういった決算業務がなされるのか】株式会社コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティングの公認会計士が解説を行いました。以下のURLからぜひご覧ください。

●リモートワーク環境下における決算作業及び監査対応
https://co-ad.co.jp/topics/report-20200507/

――――――――――――――――――――――――――――――――――
決算業務・決算開示(ディスクローズ)のご相談は
株式会社コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティングへ
――――――――――――――――――――――――――――――――――
コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティングは、
期末及び毎四半期での決算短信(四半期決算短信)、会社法計算書類、
有価証券報告書(四半期報告書)の作成支援サービスを継続的に提供しています。

オンライン会議システムを活用し、全国からのご相談をお受けしています。
お気軽にご相談ください。

◆お問合せ先◆
株式会社コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティング
◎電話:03-3593-3238
◎お問合せフォーム:https://co-ad.co.jp/contact/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

中村亨のビジネスEYE メールマガジン
日本クレアス税理士法人|コーポレート・アドバイザーズでは、会計の専門家の視点から、経営者の次の智慧となるような『ヒント』をご提供しています。
> 日本クレアス税理士法人 サイトTOPに戻る <