2020.10.15

テレワークに対応できる就業規則とは?(Vol.495)


中村亨の「ビジネスEYE」です。

内閣府「新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査」によると、テレワークは3人に1人が経験しているという結果が出ています。さらに約40%が「今後、テレワークを利用したい」と回答しています。

社員にとっては、通勤のストレスから解放され、プライベートの充実を感じるなどのメリットがあり、企業にとってはオフィス賃料や交通費といったコスト削減のメリットがあるテレワークは、今後も浸透し続け、新しい働き方として定着するでしょう。

その時、トラブル防止の観点から企業側にはどのような対応が求められるのでしょうか?
今週のビジネスEYEでは、テレワークを導入する際に見過ごされがちな「就業規則の改定」そのポイントについてご紹介します。

 

■テレワークを導入する際の就業規則見直しのポイント

浸透が進みつつあるテレワークですが、ルールが決まっていないと業務に支障をきたす恐れがあります。テレワークにより、社員のプライベートと仕事の境界が曖昧になる、部下の仕事ぶりの把握が困難になるなどから、次のようなトラブルが考えられます。

・出社して欲しいときに、出社してもらえない
・仕事を怠ける・仕事をし過ぎる
・連絡したいときに連絡が取れない
・業務の報告がない
・情報の漏洩

したがって、トラブル防止の観点からも就業規則にテレワーク時の勤務について規定する必要があります。

また、業務に関して光熱費や通信費といった費用を社員に負担させる場合には、就業規則に規定することが労働基準法第89条に定められています。

これらを踏まえた、テレワークの実施に伴う就業規則改定のポイントは次の通りです。
(1)テレワークの許可基準・許可手続
(2)テレワーク勤務中の遵守事項
(3)テレワーク勤務中における労働時間の設定と管理
(4)テレワークにおける費用負担

■就業規則の改定の必要性について

期せずして、コロナの影響により働き方改革が加速しつつあります。優秀な人材の獲得・定着に向けて、テレワークをはじめとする多様な働き方に対応する必要があります。

そして多様な働き方を通じて仕事とプライベートを充実させるためには、社員も一定のルール(就業規則)を守りながら働くことが求められます。

■続きは日本クレアス社会保険労務士Webサイトからご覧ください

Webサイトでは、グラフを付けてテレワークのトレンドの詳細をお伝えしています。また、就業規則改訂の4つのポイントを更に丁寧に解説をしています。更なる理解のためにもぜひWebサイトをご覧ください。

●〇●テレワークに対応できる就業規則とは?-コロナの影響により多様化する働き方に対応する
https://ca-sr.com/report-teltework/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●━…【就業規則無料診断を実施しています】(先着20社様限定)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本クレアス社会保険労務士法人では、就業規則の無料診断を実施しています。

多様化・柔軟化する働き方への対応策として、「就業規則」見直しの必要性が高まる中、
法改正に即した改定を行わずにいたことで、労使間でトラブルに発展する事例も多く
見受けられます。

不要な企業リスクを回避するため、プロの目線で就業規則(本則)を診断いたします。
就業規則無料診断のサービス紹介及び申込方法はこちらのページをご確認ください。
https://j-creas.com/wp-content/uploads/pdf/brochure-20200901.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●━…【就業規則の見直しのポイント】無料セミナーでじっくり解説します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・日時   10月14日(水)/11月11日(水) 両日共通14:00-16:00
・主催   日本クレアス社会保険労務士法人
・申込   https://ca-sr.com/news/seminar-regulation/

新型コロナウイルスの影響により、テレワークなど多様な働き方の浸透が加速しています。
また120年ぶりの民法の大改正により賃金請求の時効が伸び未払い賃金があった場合の
経営へのインパクトは今まで以上に大きくなります。

本セミナーでは、法改正の内容、必要な解決策と就業規則改訂のポイントについて
事例を踏まえて分かりやすく解説いたします。

●〇●【就業規則の見直しのポイント】2020年版 法改正・労務問題に対応するためには?
https://ca-sr.com/news/seminar-regulation/

◇◇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

日本クレアス社会保険労務士法人では、就業規則の整備はもちろんのこと、助成金の申請・
給与計算・社会保険手続き・労務顧問・人事制度構築・労務コンプライアンス調査など
多様なサービスをご提供しています。

人事労務に課題をお持ちの方はまずはお気軽にご連絡ください。

◆お問合せ先◆
日本クレアス社会保険労務士法人
◎電話:03-3593-3241
◎お問合せフォーム:https://ca-sr.com/contact/

中村亨のビジネスEYE メールマガジン
日本クレアス税理士法人|コーポレート・アドバイザーズでは、会計の専門家の視点から、経営者の次の智慧となるような『ヒント』をご提供しています。
> 日本クレアス税理士法人 サイトTOPに戻る <