2021.04.22

在籍出向などコロナの影響で注目される雇用のシェア(Vol.519)


中村亨の「ビジネスEYE」です。

新型コロナウイルスの影響で、航空会社や飲食・旅行・宿泊業などを中心に『雇用のシェア』が注目されています。居酒屋の従業員が需要の増えたスーパーで接客と調理のスキルを活かしたり、客室乗務員が地方自治体、コールセンター、小売店などで活躍している姿が話題になっています。

『雇用のシェア』とは、コロナの影響で顧客が減少した企業が、雇用維持のために人手が不足している企業に一時的に社員を出向(在籍出向)させることを指します。

国もコロナ禍での雇用維持を目的とした出向を後押しするために、出向元と出向先のマッチング支援や助成金支援を行っています。

 

■企業間の雇用維持対策「在籍型出向」

出向元と出向先との間の出向契約によって、労働者が出向元と出向先の両方と雇用契約を結び、一定期間継続して勤務することをいいます。

従来、在籍出向は他社での経験を活かすための人材育成であったり、グループ企業の経営再建や人材交流を目的として活用されてきましたが、社会情勢の変化とともに企業間における雇用維持対策の一環として在籍型出向が活用されています。

出向契約には出向元と出向先との間で、出向者に関する労働条件や指揮命令関係、その他の企業間のルールを定めます。

■産業雇用安定助成金

厚生労働省は、令和3年2月5日に「産業雇用安定助成金」を創設しました。
これは、新型コロナウイルスの影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、在籍出向により労働者の雇用を維持する場合に、出向元と出向先の双方の事業主に対して、その出向に要した賃金や経費の一部を助成するものです。

<助成金申請代行・サポート>

日本クレアス社会保険労務士法人では、複雑な助成金の申請を支援する「助成金申請代行・サポート」提供しています。支給要綱の読み解きや資料の準備など手間がかかる助成金の申請は、労働関係の書類・手続に精通している専門家にご相談ください。

<問合せ先>
日本クレアス社会保険労務士法人
電話:03-3593-3241
お問い合わせフォーム:https://ca-sr.com/contact/
サービス詳細:https://ca-sr.com/service-page/

◇◇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

日本クレアス社会保険労務士のWebサイトでは、在籍出向に関する給与と社会保険等の取扱いについてもご紹介しています。併せてご参考ください。

●〇●(トピックス)在籍出向などコロナの影響で注目される雇用のシェア
https://ca-sr.com/report-share/

 

中村亨のビジネスEYE メールマガジン
日本クレアス税理士法人|コーポレート・アドバイザーズでは、会計の専門家の視点から、経営者の次の智慧となるような『ヒント』をご提供しています。
> 日本クレアス税理士法人 サイトTOPに戻る <