“お客様のために”を体現できる場所。

前職では、アプリやゲームの開発会社でプロモーションの仕事をしていました。業務内容はアプリやゲームへの集客や、課金をしてもらうための戦略立案と実行。KPIをしっかり見る文化の会社で、アプリごと、ゲームごとに目標となる売り上げや利益が決められていました。仕事をする中で、目標がどのように決まるのか気になり、それを探っていくと、目標の裏には、税務や会計、簿記の知識などがベースとなっていることが分かってきました。そこで試しに簿記の勉強を始めてみたら夢中になり、「次は絶対に会計・税務の業界で働くんだ!」と心に決めました。

本当にたくさんの税理士法人を見ましたが、私が一番重視していたのは、私たちがお客様にどう貢献するのかを一番に考えられる環境で働くことでした。前職までの経験を通して、もっとお客様のためになるようなサービスを提供したい、もっとお客様目線で働きたいと強く感じていました。CAは、理念に共感したこともありますが、中村代表をはじめとする社員の方が、「お客様が一番だ」ということをおっしゃっているのを聞き、ここしかないと思いました。

面接官の方々は良いことばかりではなく、組織としての課題も正直にも伝えてくれ、こちらの覚悟をしっかり確認してくれました。中村代表は話が面白くて、人柄に引き込まれました。実際に入社してみると、面接で聞いていた課題点に対して、自分がプラスに変えていけるようなポテンシャルがある環境だと感じています。また、会社としての意思決定が非常に速く、これがやりたい!と提案したら、中村代表からYESかNOですぐに答えが返ってきます。そのスピード感が素晴らしく、心地よく働くことができています。入社して良かったです。

最高の仲間たちの良いところを、
たくさんの人に知ってもらうために。

現在は、主に広報を担当しています。広報とは、埋もれている会社の良い点を引っ張り出すことだと思っています。モノやサービスを直接提供することはありませんが、広報のできることは、社員一人ひとりがこれまで積み上げてきた、会社の良いところを世の中のみなさまに「見える化」すること。お客様がいて、従業員のみなさんがいて、やってきたことの積み重ねがあって、そして初めて私の仕事はあると思っています。

私が仕事をする上で心がけているのは、何事も早くとりかかることです。一人で完結できる仕事は一切ありません。また、すべての仕事にはスケジュールが組まれています。この状況でスケジュール通りに進めるためには、いかに自分が前倒しして動くかが重要です。他の人が余裕をもって考えたり行動したりできるように、自分が早く動くということを意識しています。

CAの良いところは二つあります。一つ目は良い人が多いこと。お願いや相談に対して、みなさん協力的に動いてくれます。広報は売上を上げるわけではなく、いますぐやらなければならないことでもありません。みなさん、そういったことを理解してくれた上で頼み事も引き受けてくれますし、アドバイスをくれることもあります。本当に人が良いです。二つ目は、声を上げれば何でもチャレンジができること。本当に素晴らしい点だと思っています。今までに、これやりたい!これ試したい!と提案して、NOと言われたことがありません。やり方についてのアドバイスはいただきますが、やりたいという気持ちを否定されることはなく、チャレンジできる環境なので、今後もCAの魅力をどんどん世の中に発信していきたいと思います。