「シナジー効果(2)」

 

前月号で、ご紹介した経済学の中の「経済的になるパターン(利益をもたらす)」のひとつに、「範囲の経済」があります。

 

範囲の経済は、「いくつかの事業がある場合、それらをl異なる企業が手掛けるよりも同一企業で手掛けた方が、コストが減少すること、価値が創出されること」と定義されます。この効果は、多角化の合理的な理由になりますので、範囲の経済は「シナジー効果」と考えていいでしょう。

M&Aにしろ、オーガニックな多角化にしろ、シナジー効果は本当に出るのだろうか?ほとんどの企業が多角化で失敗しているのではないだろうか?と考えてしまいます。

 

詳しくはPDFをご覧ください。