2021.09.14

急な退職や業務集中のお悩みを解消!会計アウトソーシングお客様事例公開


日本クレアス税理士法人が提供する「会計アウトソーシングサービス」のお客様事例を公開いたしました。

・経理担当の【急な退職】の補充(後任を採用したいが人選は慎重に行いたい)
・月初月末といった【特定時期に業務が集中】しすぎる、マンパワーが不足している
・【経費精算】等単純作業に手が回らない、簡単な業務は外部に任せて本業に集中したい

様々な規模・業種のお客様それぞれのお悩みに対して、フルカスタマイズしたサービスを提供しています。今回のメルマガではその中から、毎月の月次締めや支払のタイミングのみのピンポイントなタイミングで当法人のサービスをご活用いただいている事例をご紹介します。

なお、お客様事例はPDFで公開しており、全5つの事例は以下よりご覧いただけます。ぜひご参考ください。
【会計アウトソーシング】お客様事例こちら(PDF)

【 お客様事例 】特定時期に集中するマンパワー不足を解消!

■お客様の課題

月初1営業日で経費の承認と仕訳への入力、2営業日で売上計上、3営業日でクレジットカード入出金の仕訳入力、4営業日で入出金の突合や固定資産の計上、5営業日で親会社へ報告…日ごとに厳しいスケジュールが組まれているお客様で、月初月末の特定時期のマンパワー不足に課題をお持ちでした。

■月初月末のマンパワー不足は恒久的な課題

業種・業態を問わず、経理業務は月初に集中することが多く、月初の限られた数営業日で月次締めを行う必要があり、自社内のマンパワー不足を実感されているお客様は非常に多くいらっしゃいます。その課題を解決するために、当法人では以下のサポートを実施しました。

●お客様は必要なデータをご提供いただくのみです

売上(売掛金)に関して、請求書発行のためにお客様には請求書発行に必要なデータ(ローデータ)をご提供いただくのみです。当法人が専用システムに登録し、その登録データに基づき請求書を発行するまでを行いました。

原価(買掛金)に関して、お客様には請求書(PDF)をご提供いただくのみです。当法人は売上と原価の紐づき関係を確認しながら専用システムに登録を行いました。

●稟議書の突合、会計税務論点チェック、報告、支払いの処理を当法人が請け負いました

システムでの最終承認はお客様に行っていただきますが、請求に関する派生業務のほとんどを当法人が請け負うことで、特定時期の業務の負荷軽減を実現しました。

本来の経理業務に集中

「繁忙期のみ」「急な退職の代替要員」といった特定のタイミングのみの支援だけではなく経費精算や支払代行といった「特定の業務のみ」の支援も実施しています。

ご活用いただいている企業の皆様からは、業務改善やコスト削減といった当初の目的の他に【負担が軽減したことで、数字の分析やリスクの予測といった本来の経理業務に集中できた】というお声を多く頂戴しています。

日本クレアス税理士法人の会計アウトソーシングは、フルカスタマイズでサービスを提供しております。お客様のご要望に細かく対応しながら、現状の業務フローを大きく崩すことなく便利に使っていただけます。

記帳代行や支払業務、経費精算、請求書の発行業務、給与計算など、あらゆる業務に対応しています。間接業務に割ける社内リソースが十分でない場合や、間接業務を再構築したい場合など、ぜひご相談ください。

<お問合せ先>
日本クレアス税理士法人
電話:03-3593-3235
お問い合わせフォーム:https://j-creas.com/contact/

 

中村亨のビジネスEYE メールマガジン
日本クレアス税理士法人|コーポレート・アドバイザーズでは、会計の専門家の視点から、経営者の次の智慧となるような『ヒント』をご提供しています。
> 日本クレアス税理士法人 サイトTOPに戻る <